大容量とエコ

ピックアップ

  • インクの使い勝手と品質

    相性はいかに!?プリンターとインク 最近はスキャナやFAXなど…

    » 続きはコチラ

  • 上手にインクを使い続ける知識

    最近の互換インクはクオリティが高い 一般的にプリンター業界では…

    » 続きはコチラ

  • 大容量とエコ

    大容量インクへの期待 プリンターを購入する場合に検討材料の多く…

    » 続きはコチラ

  • 現在のリサイクルインクを紹介

    プリンターのリサイクルインクについて プリンターのインクにはリ…

    » 続きはコチラ

大容量インクへの期待

プリンターを購入する場合に検討材料の多くのウェイトを占めるのがコストパフォーマンスです。プリンター本体はいくら安くても交換するインクが高ければ元も子もありません。そんな時に良く思うのが「もっと大容量のインクは出ないものか」という点です。インクには全色パッケージ化されているものや色ごとに独立したものなどがありますが、どれも容量は少なく、インクの中にはLサイズなどというものもありますが、それでもコピー機などのトナーに比べればかなりの少なさです。家庭用のプリンターなどは本体自体もかなりコンパクトになっていますし、使用頻度も業務用とはかなり差がありますので、品質面などからも容量を増やすことは難しいのかもしれませんが、交換の手間や価格、交換した後の空カートリッジを見ていると大容量のインクカートリッジが出現する事が期待されます。メーカー側からしてもインクはコスト回収の主力だと思いますので、なかなか実現しそうにありませんが、メーカーによっては方式を変えてタンク方式にするなどの機器も出始めているようです。本体の性能的には出尽くした感もありますので、今後はインクをめぐるメーカーの工夫も競争になってきそうです。そうなればユーザーにとっては喜ばしいことではありますね。

プリンターのエコインクカートリッジの紹介

プリンターを買ったときについてくる、純正のインクがあります。使い方によって大きく変わりますが、インクを交換しないといけないです。純正は高く、エコカートリッジは安いです。このエコカートリッジには、メリットとデメリットがあります。
【エコカートリッジのメリット】
プリンターのエコカートリッジの良いところは、純正のインクと違い安いところです。純正インクは高い製品であれば3000円以上してしまいます。お正月を迎える時の年賀状を作る時には、高いのは嫌ですよね?高いから性能は悪いとは言えません。安いインクのエコカートリッジを選ぶこともあるかと思います。低価格というのがメリットだけしかないのです。
【エコカートリッジのデメリット】
プリンターのエコカートリッジにはデメリットが多いです。では、その多いデメリットを紹介しましょう。
まずは、インク残量が見えないことです。PCからエコカートリッジにした場合には、インクの残量が分からなくなることがあります。インクが出なくなるまで使うしかないのです。大量印刷する年賀状では突然インクが無くなることがあります。
次にかすれ・漏れ・にじみが多く発生しやすいです。安いから悪いということではないのですが、品質が悪いというのが特徴です。いくら安いとは言っても品質が良い方がいいですよね?インクのかすれや漏れやにじみが出てしまいます。買い替えると高くつきます。
そのためプリンターには、純正のインクを使うことをおすすめします。

Copyright(C)2017 プリンターインクにまつわる一般常識を解説 All Rights Reserved.