現在のリサイクルインクを紹介

ピックアップ

  • 大容量とエコ

    大容量インクへの期待 プリンターを購入する場合に検討材料の多く…

    » 続きはコチラ

  • 現在のリサイクルインクを紹介

    プリンターのリサイクルインクについて プリンターのインクにはリ…

    » 続きはコチラ

  • 上手にインクを使い続ける知識

    最近の互換インクはクオリティが高い 一般的にプリンター業界では…

    » 続きはコチラ

  • インクの使い勝手と品質

    相性はいかに!?プリンターとインク 最近はスキャナやFAXなど…

    » 続きはコチラ

プリンターのリサイクルインクについて

プリンターのインクにはリサイクルインクと呼ばれる、使用済みインクカートリッジに新たにインクを注入し、ICチップを再度埋め込んだインクがあります。メリットしては純正インクよりも安く手に入り、しかも純正インクと同様きちんと印字することも可能な点です。
プリンターの純正インクは一個あたり1,000円から1,200円、4色セットで購入すると3,000円程度と割高です。それに対して、リサイクルインクは一個あたり500?600円で、ネットショッピングや写真店、家電量販店ではセール時に100円程度で販売されることがあります。4色セットでも2,000円で購入出来ますので、頻繁にプリンターを使用される方からそんなにプリンターを使わない方まで幅広く使用出来ます。気になる印字の具合ですが、書類を印刷する程度でしたら全く問題無く使用することが出来ます。ただし、お使いのプリンターの機種によってリサイクルインクの無いものもありますので、購入時には注意が必要です。
リサイクルインクですが、プリンターのノズルがたまに詰まることがあります。でも、大丈夫。定期的にヘッドクリーニングをすれば、インクの詰まりがとれ、安く手軽にプリンターを使うことが出来ます。

リサイクルインクの諸事情

プリンターを使っていて一番の問題になるがインクの値段です。プリンター本体は価格破壊の状況が続いていて、スペックを気にしなければ5000円前後で購入できる場合もありますが、インクについては以前に比べ値段が安くなるということは今のところありません。本来ならば純正インクを使えば機械的には優しいのでしょうが、どうしても価格的にリサイクルインクを購入したくなります。リサイクルインクにも様々なメーカーのものがあり、純正とほぼ同等に使える場合もありますが、そこはやはりリサイクルですので時々落とし穴がある場合があります。インクを認識しなかったり、インクが出てこなかったりといった症状もあり、ある程度それを覚悟で使用しなければなりません。もちろん純正ではありませんので、使用にあたってプリンター本体が壊れてもそれは自己責任です。リサイクルインクの症状の中で厄介なものは、写真印刷時に色が薄いといった細かな部分で症状が出てくる場合です。文書などは普通には印刷できても、写真印刷だと色が薄くなる場合などは設定をいろいろ変えたりしてもなかなか本来の色合いが出ずに困ります。それがインクが要因なのか、それとも本体的なものなのか非常に判断に困ります。純正インクを使っていた方がトラブル時の原因特定もしやすいので、結局純正インクを使用した方がお得なんてことも良くありますので判断の難しいところです。

Copyright(C)2017 プリンターインクにまつわる一般常識を解説 All Rights Reserved.