インクの使い勝手と品質

ピックアップ

  • 大容量とエコ

    大容量インクへの期待 プリンターを購入する場合に検討材料の多く…

    » 続きはコチラ

  • 現在のリサイクルインクを紹介

    プリンターのリサイクルインクについて プリンターのインクにはリ…

    » 続きはコチラ

  • 上手にインクを使い続ける知識

    最近の互換インクはクオリティが高い 一般的にプリンター業界では…

    » 続きはコチラ

  • インクの使い勝手と品質

    相性はいかに!?プリンターとインク 最近はスキャナやFAXなど…

    » 続きはコチラ

相性はいかに!?プリンターとインク

最近はスキャナやFAXなど機能が付いたものもあるプリンター、ご自宅にあるという方は多いと思います。家電量販店では安く買える機種も増えてきましたが、インクは電池や電球といった家電の消耗品に比べると高価な一品です。しかも機種によって型が違うため同じメーカーのプリンターでもインクを使い回すことができません。
すると登場するのが格安インクです。出始めたころはやはり品質もそれなりの物が多くありましたが、最近のリサイクルインクは品質が良くプリンターに装着してもエラーを起こしにくい物が増えてきました。高精細な写真を高画質で印刷したら違いは出るのかもしれませんが、文書がメインのプリントや親せきに配る写真を印刷するぐらいでしたら全くと言っていいほど遜色はありません。
ただし、こうしたリサイクルインクを使っていてインク詰まりなどの故障が起きてしまったときにはメーカーは補償をしてくれないことがあるので注意が必要です。私も年賀状の印刷中に一部の色が出なくなってしまい大慌てをしたことがあります。いわゆるカスタマーサービスセンターへ問い合わせたのですが、純正インクを使っていないと分かった途端に回答が純正インクを使ってくださいの一点張りになってしまいました。
プリンターに限らず機器を長く大切に使うには相性の良いものが一番です。とは言えプリンターとインクの関係はお値段を考えると悩ましいものです。

インクは純正がお勧め

プリンターのインクは純正とそれ以外のものがあります。純正のものは高価で、純正以外のプリンター対応のものは純正のものに比べて半額ほどの価格で販売されています。純正はセットで購入すると8000円ほどと高額なので、節約のために純正以外のプリンター対応のインクを購入してみました。
規格のプリンター対応なので、安く印刷できるのならそれに越したことはないと期待をしていましたが。残念ながら使用感はイマイチでした。インクがきれいにプリントされず、色にムラがでてしまいます。何度もセットし直したりもしましたが、色によってはかなりかすれてしまい、まったく違く色彩になってしまいました。
純正と純正以外のインクが混ざっているのが原因かと、すべて純正以外のインクへ交換もしてみました。それでもやはり改善はされませんでした。モノクロは問題はなかったのですが、カラーは繰り返し印刷しても変色してしまいます。プリンターがそろそろ寿命化とも考えました。
もったいないですが、再度純正のインクを購入、すべてインクを交換して印刷してみました。始めの1、2枚はインクが残っていたのか、やはり色ムラがありました。しかし、続けて印刷をすると問題なくきれいな発色で印刷されました。結局、安く抑えようとして純正以外のインクを購入したのは失敗です。金額は高価でもインクははやり純正がお勧めです。

Copyright(C)2017 プリンターインクにまつわる一般常識を解説 All Rights Reserved.